派遣保育士の求人メリット

家庭の事情や就職難の影響で、正社員として保育士勤務ができない場合もあります。
保育士を諦めてしまう前に、派遣として働くことも視野に入れてみると、選択肢が広がります。

正社員との違いやメリット、デメリットを理解して、検討してみるようにしましょう。


派遣保育士は、時給換算した時の給料が正社員よりも高く設定されているケースが多いです。
時給は900~1200円が相場で、一見すると高額ですが、ボーナスが支給されないことがほとんどです。

勤務時間は自分の希望をある程度融通してもらえるので、好きな時間に働きやすいというメリットがあります。

家庭と仕事を両立させたい人や、忙しい人でも比較的働きやすいです。

ただし、短時間すぎたり、保育園側のニーズがない時間帯には希望時間に合わせてもらえない可能性が高いです。


正社員との違いは、派遣はあくまでもサポート役ということです。

正社員は子どもをまとめて、率先して引っ張っていきます。



一方、派遣は正社員保育士のサポートや、一部のマイペースな子どもたちの対応であることが多いです。

人気なBIGLOBEニュースの初歩を知らない方でも理解できるよう情報をまとめたサイトです。

雑務を任されることもあります。

正社員は事務仕事の量が多いですが、派遣はそれが少ないので、仕事時間のほとんどを子どもと一緒にいる時間にあてることができます。


そのため、子どもたちと一緒にいる時間をメインにしたいと考えて、あえて派遣として働く人もいます。



求人を探すには、派遣会社やハローワーク(公的機関)で登録すれば働くチャンスが巡ってきます。