ブランクありの保育士求人が不利とは限らない

結婚や出産で一度離職したり、他業種に一度転職して再び保育士として再復帰したいケースもあります。

この場合の求人探しは、ブランクがあることで不安が大きくなってしまうことが多いです。



一度保育の仕事から離れてしまったから「知識が不足しているのではないか」「体力や技術が衰えているのではないか」「業界が変化しているのではないか」「自分が年長になると年下の保育士と人間関係がうまくいかないのではないか」など、考えればいくらでも不安は出てきます。

しかし、再就職したいという気持ちが強いならば、不安要素をひとつずつ潰していけば、夢は叶います。

実際、ブランクから復帰した保育士はたくさんいます。しかも、最近は待機児童数の増加に伴い、保育士の人材不足が問題になっています。

特に都市部は人手が足りていない状況です。
地域差はあっても、どこも事情はだいたい同じなので、再就職してくれる保育士へのニーズは決して低くありません。


業界の変化、知識や技術の衰えの不安を払拭するには、都道府県や各自治体のハローワークが行っている職場復帰セミナーに参加してみると良いでしょう。

それ以外にも、ブランク可やブランク歓迎の求人を探してみると働きやすい可能性が高いです。

体力の衰えはしょうがありませんが、フルタイムが無理ならば正社員ではなくパートやアルバイト、派遣として働くという選択肢もあります。

マイナビニュース情報をピックアップしたサイトです。

人間関係への不安は、新しい職場に柔軟に対応していくことで払拭できます。

昔のやり方で我を通さずに、まわりのやり方に慣れていくようにしましょう。